とりあえずあったこと、感じたことを、書き留めます。


by ayumu_22

最近おもうたこと

うちの会社の、誰とはいわないが、某○尾さんは、正直すごい。
ほめたところで何が出るわけではないし、ほめるような立場でもないのですが、
本当に尊敬しています。

仕事についても、センス&根性あり、バランス感覚も抜群、家に帰れば2人のママとして
大活躍で、子供たちもすくすく成長中。またかわいい2人だしね。そんで、だんな様とも
ラブラブなはず。。(と想像をめぐらす)

本当に生きる上でのセンスが良いのだろうね。もちろん努力もあるやろけど。
こういう人っているんですね!って、私が本気で思った数人のうちの1人ですよ。
こういう人が奥さんだったら、きっと家族って幸せなんだろうと、思うわけですよ。
まあ、うちのもいい奴なので、それはそれで違うよさがあるよ、もちろん。

ともかく、、、この場でこっそり書くこととしては、
これからも一緒に仕事してください&尊敬していますっちゅーことだけ書いて、了。
[PR]
# by ayumu_22 | 2006-02-25 06:43 | もろもろ

最近

ちょー久しぶりの更新。。
1年以上。その経過はもう触れる必要なないくらいに、依然と同じ。
忙しさは増すばかり。ま、、倒れていないだけ、予想よりはいい状況だが。

さて、久しぶりの更新だけど、最近記録。

①去年のクリスマスも、うちの鹿は、地面を音を立てて掘っていた。
②最近のもなちゃんはかわいい。
③おととしは富士急に連れて行った彼女の誕生日、今年は、どこへ
⇒今年は、沼津へ。
 かなーり頑張った。>おれ
 気も使ったし、時間も使ったし、金も使った。もう使えるところはないくらい
 出し尽くしたぜ。。
 来年はもうちっと、遠くへゆこう。>彼女さん

んじゃ。とりあえず。
[PR]
# by ayumu_22 | 2006-02-24 23:01 | 考えごと

赤ちゃんについて

うちの会社の人たちは、いい人が多いな~。
なんか、こういう人たちに囲まれていると、本当に人間を好きになれますよ。
ぼくは一生こういう人に囲まれて生きていきたいです。

全く話し変わりますが、某babyを見るたびにおもうこと


「うぉー、かわいいっ」

「ほっぺた触ってみたい」

「うっひょー、超かわいーっす!!!!」

「これはたまらんな」

「これを見ると結婚ってのもいいものかもな~」

「人のうちの子供でもこれだけかわいいとなりゃ、自分の子供だったら大変だ」

「『パパっ』なんて言われた日には気絶するね」

「仕事行きたくなくなるんだろうな」

「んっ?それはやばいな」

「おれは結婚生活の一部だけ、それもいい部分だけ切り取ってみてる」

「そうだそうだ」

「夜泣きだってするだろうし、奥さんだって大変だ」

「きっと○○○くんも、苦労していることだろう」

「あぶねぇ~、罠にはまるところだった」

「いかんいかん、断固結婚反対!!!!」

つーのを、もう5回くらい繰り返しているのですが。。
自分の学習しないことに苦笑。。
[PR]
# by ayumu_22 | 2004-12-29 04:29 | 考えごと

続いて更新。

最近クリスマス時期に家を電飾やらなんやらで飾る家、良くありますよね。
まあ、気持ちはわからなくもないが、電気代もかかるだろうし、
まるで家同士で競い合って飾り付けていくようで、はっきりいって余り好きでは
ありません。

うちのごくごく近い近所(半径50mくらい)は、幸いライトアップしている家が
ないので、余りストレスを感じずにいられるのですが、ちょっと離れると
もう、それはそれは鬼のようなライトアップされた家が密集しています。

まあ、そこの家で繰り広げられている準備などを想像すると、若干ホノボノしたり
もするんですが、それでも、夜中光っているのをみると、
「ったく、しょうがねえな!電気無駄にしやがって!」と思うわけです。

そんな電飾事情に最近異変が。。

泊まり明けで、深夜2時ごろにタクシーで家まで帰る途中。。
--------------------------------------------------------
以下 俺・・・おれ  タ・・・・タクシーの運転手
--------------------------------------------------------


俺「すいません、○○2丁目までおねがいします。」
タ「はい、分かりました」



タ「お仕事ですか?」
俺「はいっ、年末なんでねぇ、忙しいですね。といっても、まあ、いつものことですが。」
タ「うらやましいですねぇ・・・。デパートさんですか?」
俺「いや、食品関係ですが、クリスマスとか大変なんです。」
タ「ほー、そういえばすっかり街はクリスマスになってきましたね」

ここで、クリスマスデコレーションした家たちが登場

俺「私は、このデコレーションしているの、実は嫌いなんですよ。
なんか、電気無駄になってますしね。」
タ「タクシー運転してても、毎年増えていくの分かりますよ。いや、おれは嫌いだね。
成金趣味っぽくて、なんか装ったいい家って感じ!?わーっはっは」
俺「ですよねぇ~、分かります、分かります。」
タ「イラクでは、何万人の人たちが死んでいってるっていうのに、こういう人たちは
何も考えていないんだろうね。新潟にだって、まだまだ寒い思いしている人が
いるんだし、電気つける前に募金しろって思うんだよ。おれ間違ってないよね!!」

なんか、スイッチ入れてしまったようです。。。

まあ、適当に相槌いれながら、その場を濁し、
俺「そこの信号の先、左に曲がってください」
タ「はいよ、そこ左ね」
俺「信号曲がったら、30mくらいのところで」

俺「!???。。。え!?」
俺「あっ、、、ここで・・・。どうもすいませんでした。。」
タ「あ、ありがとうございました。どうもすいません。いやいや・・・・。いやぁ~すいません」
俺「いえいえ・・・・」
タ「おつり・・・あっっ」

チャリ---ン
動揺しておつりを落とす運転手。。

俺「全然平気です。では、お気をつけて。ありがとうございました。」

ゆっくりと過ぎてゆく微妙な空気。車を降りた私の目の前にそびえ立つのは

b0043826_1382570.jpg


そうですっ、、私が帰らなかった数日うちに、私の家はデコレーション系になって
しまっていたのです。

あっ、ありえん!!

玄関に向かうと、迎えてくれるのは、、、










b0043826_1443444.jpg

鹿くんです。。こいつ動きます。左右に首振っています。。1枚目のでかい光の
正体はこいつです。。

さらにっ、、、実はもう一匹生息しています。
もう一匹は、なんと首を上下運動しています。
草をついばむように、首を上げたり下げたりするのですが、
置かれた場所が悪いのでしょう。植えてある木の枝に頭をぶつけ、
「ぐぁががががーーー!」ともはやありえない音が出ていることは、内緒です。

脱力した一日でした。やっぱりうちの親はありえない。。


こんな家でよければ、遊びに来てください。
[PR]
# by ayumu_22 | 2004-12-14 01:49 | 不思議なもの

ワープ

すっごい久しぶりに更新。。

これは、既に数人に話をしてしまっているものです。

例えば、ご飯を食べに行ったレストランで、、、
例えば、ドライブで行った港で、、、
例えば、スーパーで偵察がてら買い物をしているとき、、、
運転しているラジオから音楽が偶然流れたとき、、、

生活している中で、24時間、時や場所、一緒にいる人、そんなものに関わらず
いつでもふっっと、記憶がよみがえる瞬間があります。
それは、いわゆるデジャブ(既視感)とは違い、実際体験した本物の記憶。
普段は触れることがなく、思い出すつもりがあってもきっと思い出せない
眠っている記憶というものが、表層にあふれ出る瞬間がとても好きです。

その一瞬で、記憶の奥底に引きずり込まれ、その体験を追体験するわけだけど
そのとき感じた匂い、風景、感情すべてが、よみがえると
手では触れることができない、形ではないけど、すっごい大切なものを
拾った気がします。


例えそれが、公園の公衆トイレで、中学の校庭のトイレにワープした瞬間で
あってもねっ。。(苦笑)


でね、思うのは、嗅覚の不思議。
人間の知覚の7割は視覚とよくいわれていますけど、思い出というものは
嗅覚もしっかり含んでいることが多いんだよね。
なんかこう、鼻腔をくすぐる感じというか、不思議です。
普段余り意識しないけど、嗅覚の果たす役割は、意外と大きいのかと
思う今日この頃です。。


あと、音楽(曲)って、やっぱり自分の過ごした日々と見事にリンクしていますよね。
この曲聴くと、この時代を思い出すとか。
過ごした日々⇒音楽   というリンクより
音楽      ⇒過ごした日々 のほうが強い。
過ごした日々からは、色々なものがリンクされるから、インパクトが薄くなるから
だと思うけど、やっぱり1年に1回くらいは、昔の音楽を引っ張り出して
聞くといいですね。。
[PR]
# by ayumu_22 | 2004-12-14 01:16 | 考えごと

アースマジック

この間の土曜日、彼女の誕生日としてご飯を食べに行きました。
(まあ、この時点で1週間過ぎていたのは許してくれるでしょう・・・。)

今年はかなりもてなしましたよ。
富士急には連れて行きましたし、のみにも連れて行き、1週間遅れですが、
プレゼントもあげましたしね。。
昨年の教訓をしっかりと活かしているようです、おれも。。

それで連れて行ったのがこの店、、、アースマジック。
恐らく大多数の人には、遠すぎて行く気にもならないかと思いますが、
この店は絶品です。

私が食べたのは、5000円のコースです。
(携帯で写真取れればいいのでしょうが・・・ゴメンナサイ)

1:お通し
今回は、特別にお通しを出していただきました。里芋を煮たものに、
からすみのおろしたものがのっていました。
イタリアンではないでしょうが、この味は本当においしかった。
からすみのパスタなどもそうですが、からすみを使うと味の濃厚さ
(そういってしまうと簡単ですが)というか、鼻腔をくすぐる香ばしい風味が
断然違います。

2:前菜
今回選んだのは、野菜たっぷりの前菜の盛り合わせ。
キノコのオリーブオイルあえやら、海老のマリネやら、10種類くらいのミニ前菜が
お皿にこんもりと。。

野菜がおいしい+料理のスキル=料理が最高においしい
を実感・・・。

3:パスタ・・・その1
牡蠣のパスタを選びました。この牡蠣のパスタは、牡蠣の特有の磯の香りが
パスタ全体を包み込み、鷹の爪の辛さがアクセントとなっていて非常に
おいしかった。家でも実践できそうな感じだけど、でもこのおいしさが出せないんだよねっ!

4:パスタ・・・その2
次は、ペンネのボロネーゼでした。これは牡蠣のパスタとは一転して、荒々しい肉の
風味がよい。この一連の中でこの対比を出すことが、コースメニューの醍醐味なん
ですね。

5:メインディッシュ
名前を忘れてしまったが、岩手の??豚のローストでした。
表面をパリッと焼き上げたその表面の、粗めの塩と胡椒が、シンプルなのにおいしい。
豚肉自体は癖がないタイプで悪くはないけど、そんなに驚きはなかった。(すいません・・・)

6:デザート
黒糖のジェラード。うーん、甘かったっ・・・。黒糖のコクがよく表現されていて、
まるでコーヒー(ちょっと甘いコーヒー牛乳)のような感じで、おいしかったけど、
結構量が多かったです。

7:コーヒー
かなり濃い目のコーヒーで、ロースト、酸味とも強いタイプでした。
私がかなり好きなタイプだったのもありますが、
繊細なもの⇒磯⇒肉⇒荒々しい⇒甘い
ときて、最後にこの締めは最高でした。


やっぱりレベルの高いお店は、食べていても一辺倒ではなく、ストーリーが
作られていて、食べている最中に、色々感じられるポイントを作っているんですね。

このお店は非常においしいお店なので、近い方は1度行ってみたらいかがでしょう?
SGさん、今度デートに使ってみて!!
KGさんもjoco様と一緒に遠征してみてくださいな。

くまちゃん、今度一緒メシ食おうぜ。
[PR]
# by ayumu_22 | 2004-11-17 18:46 | おいしいもの/店

公園

実は、仕事が終わっていないから、仕事しなければっと思いつつ、現実逃避的に
ブログなんぞの更新作業をしちまいました。

今日のテーマは公園。
実はこのテーマ、おれのお仕事の上で、本当に助けていただいている某氏のブログを
見て、突発的に書きたくなったから書いちゃいます。

おまえ、こんなキャラかよっっていうのはナシね。。

公園って、本当にいろいろな表情持ってますよね。
うちのそばは、基本的には比較的新しい住宅地で、公園とかいっぱいあります。
(田舎っていうのかもしれないが・・・)

そんなわけで、日々の生活の中で、公園との接点って結構あるんです。
例えば、仕事の帰り道。休みの日に彼女と散歩したり(結構レアですが)とかね。

春、夏、秋、冬、朝、昼、夜。
本当にそれぞれいろんな雰囲気があるなぁ~と思ってます。
朝の公園は、すごくエネルギーがある(シャンとした強さ?)ように感じるし、
昼の公園は、暖かく包み込むような雰囲気があるし
夜の公園は、どこか寂しげ。。
春夏秋冬というのと朝昼夜っていうのも、改めて言うのもなんだけど、性質が似てるね。

まあ、これは、単純に朝、昼、夜のイメージを投影しているだけなんでしょうが
それでも、公園って何か不思議な感じなんだよね。
同じように感じるのは、学校かな?
どういう共通項があるんだろう・・・。

例えば、人と人とが出会う場所でありながら、いつか終わりがくる、そんな場所って
ことかな?うーん、なんか今ひとつ違う気もするし・・・。
公園や学校の人がいる時間といない時間がはっきりしているところかな・・・?
なーんか、俺の中でのイメージって近いんです。

なんだか、いいたいことがよく分からなくなって、収拾つきませんが・・・(苦笑)
まあ、公園っていうのは、非常に興味深い場所です。

そんな公園ですが、帰り道で通り抜けたりすることが多くて、立ち止まってしまうんです。
公園の入り口で、あったかいお茶を買って、それを飲みながらゆっくりと歩く。
(お酒とかじゃなくってよかったです・・・。まあ、どうせ飲めないしね)

そうするといろんな想像が掻き立てられるんだよね。

ポツン・・・と落ちている、ゴムのボール・・・。
砂場で作り途中のお城のそばに刺さったままの小さなスコップ・・・。
ユラ~~ユラ~~とゆれるブランコ・・・。

本当に想像が書き立てられる。
そこであったであろう風景を想像しながら、ゆっくりと帰り道を歩く、おれ。

(あれ、これ本当にこの間あったことをもとに書いているけど、
だれもいないであろう時間帯に揺れるブランコって、やだね・・・。今気付いた。。)


夜の公園は、なんだかね、トモダチをじっと待っている、だれも通らなくても、
とにかくじーっと、じーっと、また明日が来るのを待っている、そんなイメージなんだよね。
もしオレが公園だったら、
「明るい時だけみんながわーっと来て、暗くなったらいなくなるなんてずるいっ」
って思うだろうな~って。
なので夜の公園を見ると、ちょっと栄枯盛衰つうか、なんつーか、
なんかせつなくなっちまうもんすね。



ああーーー、もう、もはやオレは、仕事帰りに、人ではないものになってしまってます。。
ダレカタスケテ・・・。

次回のテーマは、ものからワープにしようっと。
[PR]
# by ayumu_22 | 2004-11-11 02:40 | 考えごと

富士急ハイランド

やばいっ、また長文。。。

今回は富士急ハイランドに行って感じたこと。。

富士急に到着し、駐車場に車をとめると、目の前を知った顔が通り過ぎて
いくではないですかっ!?

車をとめるのも、そこそこで、走って追いかけるが、見失ってしまった。
練馬ナンバーのレンタカー、あの、コマダムを目指したカッコ、、、

そう、あれは
  ・
  ・
  ・
うちのハンターこと、こ●りさんではないか!!
携帯のメモリーをピッピッと操作し、華麗に電話、、、、
とおもったけど、電話番号しらねーっていう事実に気付き、愕然・・・苦笑
すぐに、私の隣で黙々といつも仕事しているjoco様に電話しましたが、
出てくれない。。 

アレ?オレ、トモダチスクナイデスカ?

しょうがないので、頼れる大谷兄さんにすかさず電話し、番号げっとーっ!
ピッポッパッ・・・・トュルルルルル、トュルルルルル、トュルルルルル
トュルルルルル、トュルルルルル
  ・
  ・
  ・
「ルスバンデンワサービスセンターデス。オキャクサマノオカケニナッタ・・・・・」

はぁ~、こんだけ頑張ったのに。。ただただ、こ●りさんに会うために。。
つーかさ、明日になれば嫌でも顔合わせるのにね。
なんか、普段はコーラ飲みたくないけど、ピザ頼むと飲みたくなるような感じ!?

なんて事をしながら、アトラクションを回りました。

基本的にオレは、ジェットコースターとかって好きではないのです。
なぜにお金を払って、気持ち悪い(おなかがキュンっとするやつ)思いをするんだろう。
でも、彼女サービスとして、頑張りましたよ。
ドドンパは、2時間待ちでのりませんでしたが、あとは、大体制覇しました。
トンデミーナやら、フジヤマやら、グレートザブーンやら。
トーマスランドは行かなかったけど・・・苦笑

んで、ひとつ分かった。。


周りを見ていても、カップルで来ている場合は、
女性⇒⇒⇒イキイキとしたいい笑顔
男性⇒⇒⇒結構つらめな顔

そんなケースが多かった気が。
すくなくともオレの場合は、怖いということ(心底感じる恐怖はないけどね)を
冷ややかに考えてしまうんです。

たとえば、フジヤマ。
頂上まで70m上がっていきますが、上がっていく途中の10mごとの表示が
怖さを増長させているなぁ~、うまいっ!!

とかね、

一気に落ちていくときも、落ちていく瞬間の重力がかかっている位置とか考えていたり、
ガタガタッ・・・、、「なんでこんなに揺れるのだろう?もっと衝撃を吸収したりしないのは
技術がないのか、それとも怖さを演出するため?」とか、
カシャッってカメラで写真撮る瞬間とかには、
「これめっちゃ儲かるんだろうな~、大体500円とか1000円とかの写真を買う人って
どういう人だろう?」という感じに。

一方で女性は、「キャ---、いや~~、あははは、きゃーーーーー」
めっちゃ楽しそう・・・。

うちの彼女曰く、
「キャーとか、大声出すことがストレスの発散なんだよっ!」

なるほど、確かに。。キミ、
お出かけして、15時間。。はじめていいこと言った!!!

そうなんですよね、基本的な傾向として、男性は抽象的、概念的なことに興味を持って、
女性は具体的なことに興味を持つっていいますよね。

男性、女性という分け方が適切かは、よく分かりません。
あんまりそうやって分けるのもね・・・。
でも少なくとも、そういう考え方のタイプがあるのよね~って考えました。
そのタイプによっては、遊園地楽しめるか、楽しめないかが分かれるのかな?

だれか共感してくれる?


ちなみにレンタカーの返却のために、会社のある某所に戻りましたが、そのまま
出社したため、月曜日の私の出社時間は、深夜2時でした。。今週はお疲れ気味です。。

あっ、あと、書き忘れたけど、あれだけ頑張った こぼ●さん は、
完全なる勘違いで、全然富士急ハイランドと違うところにいたというのは、内緒ねっ。
[PR]
# by ayumu_22 | 2004-11-10 17:54

富士急

実は今週末富士急ハイランドに行ってきました。
そこでも色々考え事しました。

土曜日の深夜に家を出て、彼女を1時にピックアップして、
高速使わず下の道で行きました。

これは、
・時間がたっぷりあること
・久しぶりの運転なので、楽しみだったこと

も、理由ではありますが、もっと他の目的が・・・。

最近疲れ気味なので、癒されたいっ!!!
とのことで、星をみよーっ、と心に決めて、山道をビュンビュン走りました。

途中で彼女はぐっすり寝始めましたが、夜の3時ごろ・・・
都留市に入る手前、すごいっ・・・、すごすぎる。

車のライトを消して、まっくらな中、外に出てみると、、、
空には一面キラキラと輝く星が。
その数は、東京の夜空で見る、せいぜい10個程度なんてものではなく
それこそ、何百個、いや1000個あってもおかしくないような、
そんな光景が広がっていました。

恥ずかしながら、そんな数の星空を見たのがはじめての俺は、
上を見上げたまま、その光景に圧倒されるばかりで、
ひとり、「うぉ~、すげー」って言うばかりでした。

そんな状況でも、うちの彼女は寝ているんですけどね・・・(苦笑)

なんだか、そんな数の星空をみていると、

星が手でつかめそう・・・とか、
まるで映画の宇宙空間みたい・・・とか
そんなことを考えて、自分で苦笑いしている状況でしたが、

やっぱり、何千光年(単位が多いかもしれないけど!?)という離れた場所から
発した光が、いまこの場所で、自分の目に入ってくる、この壮大さを考えると
鳥肌が立つほど感慨深く感じました。

本当に目が奪われるというのは、このことだと実感した日です。
結構人生観が変わったかも。

次回更新時は、遊園地で感じたこと。。

あっ、もちろん彼女は途中で起こしましたよ。
でも、寒いってすぐに車に帰りましたが。。・・・苦笑
[PR]
# by ayumu_22 | 2004-11-09 23:30 | 考えごと

つづき

つづき。

あんまり書くとマニアックになってしまうので、やっぱり簡潔に。。

選手には選手の個性がありますよね。

例えばみんな知ってるロナウド。
ロナウドは、前線でのプレスや中盤に下がってゲーム作りに参加は期待できないけど
縦パス1本での速攻や、なにより1対1での勝負ではだれにも負けない。

ラウールは、プラティニがいった表現が最適とおれは思う。
「10点満点は取れないけど、全ての項目において9点の選手」
まあ、実際最近の得点力については9点つくか分からないですが。。

何に対しても万能で、結果を残しつづけるアンリ。
(世界最高のストライカーと思います。。)
この間のヨーロッパ選手権は今ひとつでしたが。

中盤の底から攻撃的なピボーテとして新たなボランチ像を作ったピルロ。
シャビや昔のグラディオラもそうだったけど、より華麗ですよね。

一人で中盤の底を守りきるマケレレ。

魔法の左足をもつレコバ。ただ、彼に最適なポジションが今ひとつ不明です。
実際スタメンで出場することは少ないですよね。

同じポジションでも、本当に色々な個性があります。
各個人として、最高の資質を持っていたとしても、それを最適に使える環境が
なければ、結局チームとしては結果が出ないというあたりが
組織としての一般性なんだって思います。

有力な選手が抜けた穴を準備してなければ、何かのトラブルが発生した時
チームとして、非常に貧弱になったり。。

結果的にチームとして残す結果は、必然的なんですね。
サッカーは、大物食いが起こりやすいスポーツ、つまり偶然性に左右されやすいと
いいますが、実際の基盤となっているところは必然的な組織力で
成り立っているわけです。

サッカーを見て私が楽しいのは、そのへんを考えながら見るからです。
ただし、あんまり一般的ではないですよね。。

まあ、これからもサッカーは見つづけようと思います。
[PR]
# by ayumu_22 | 2004-11-06 00:44 | 考えごと